正解は現在分詞か過去分詞か?を見分ける方法

アイキャッチ画像_正解は現在分詞か過去分詞か?を見分ける方法

分詞についてTOEICでは,例えばPart5の短文穴埋め問題で,空欄に入るのが現在分詞か過去分詞か,あるいはどちらでもないかを選ぶような出題がありえます。本エントリーでは,それらの見分け方について整理したいと思います。

スポンサーリンク

まず,基本として以下を覚えておきたいところです(以下は基本であり,分厚い文法書にはさらに詳細な解説があります)。

自動詞の現在分詞:~している・・・(「進行」)

a sleeping baby(眠っている赤ん坊),A rolling stone gathers no moss. (ころがる石にはこけが生えない。(職をよく変える人は成功しない。または,たえず活動している人はいつも清新だの意にも用います))

他動詞の現在分詞:~させる・・・

an exciting event([人をわくわくさせる出来事→]わくわくする出来事。下のan excited audienceとペアで覚えるとよい),an amusing story([面白がらせる話→]面白い話)

スポンサーリンク

自動詞の過去分詞:~した・・・,~してしまった・・・(「完了」)

fallen leaves([落ちてしまった葉→]落ち葉),a retired politician(引退した政治家),

他動詞の過去分詞:~された・・・(「受け身」)

an excited audience([エキサイトさせられた観衆→]エキサイトした観衆。上のan exciting eventとペアで覚えるとよい),a broken window(割れた窓),polluted air(汚染された大気)

上の基本を押さえておくと,例えば次のような問題が出た場合に便利です。
He is a —— person.
(彼は頼りになる人だ。)
(A) dependable (B) depended (C) depending

空所に入る語として適切なのは,(A),(B),(C)どれでしょうか?


中学校や高校の英語でよく出てくるdepend on(・・・次第である,・・・に頼る)という言い回しを覚えていれば,「dependには目的語が直接つくのではなく,前置詞onがついている→dependは自動詞である」と分かります。
さらに,上に述べた分詞の基本を押さえておけば,「depending person(頼っている人??),depended person(頼ってしまった人??)は変であろう」と考えることができます。
その結果,(B),(C)をはずして(A)が正解だと答えることができます。話を分かりやすくするために単純な例文を上で用いましたが,もっと込み入った問題が出ても,基本的にはこの考え方で攻めていけます。

なお,上記の基本を押さえたうえでも,英語を母語としない日本人にとって,なかなか分かりづらい表現はけっこうあると思います。そうした表現に出くわした場合,暗唱できるようになるまで文例ごと覚えてしまうのがTOEIC対策としてはよいと考えます。例えば,「・・・を呼び物にする映画,・・・を主演させる映画」,「・・・を特集する新聞」などの意味でfeaturingがよく用いられます。
例:a film featuring a new actress

上の例のfeatureは他動詞です。「呼び物にする映画,主演させる映画」ということでfeaturingでよいのですが,「・・・によって主演させられた映画??→featuredが正解??」のように,筆者は一瞬混乱してしまいました(考えてみれば,featuredを用いるならば,少なくともfeatured byの形をとる必要がありそうです)。
「理屈で考えてもよく分からない場合(←まずちゃんと理屈でよく考えることは大事です),暗唱できるようになるまで文例ごと覚えてしまう」というやり方も身につけておきたいところです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク